肺炎で入院したわが子

肺炎で入院したわが子

季節の変わり目ってことでしょうか、風邪をひきやすくなりましたね。

 

なぜこんな話をするかというと、うちの子が入院してしまったのです。
風邪をこじらせて肺炎になってしまいました。

 

当初はとても心配し、付きっ切りの介護でしたが、病状も落ち着き一安心。
介護も一段落です。

 

しかし、この風邪からくる肺炎。
元はといえば私のせい?なんて感じてしまいます。

 

子供って夜寝るとき、布団かけないですよね。
夜中それに気付き、掛け直してはあげるのですが暫くすると元通り。
いたちごっこです。

 

うちの子だけかもしれませんが、布団を掛けると怒ることもあります。
人の優しさを受け入れてくれないんですよね。

 

まあ、子供はそんなものだ、なんて先輩方から言われそうですが、こうやって入院する羽目になるとショックは大きいですよね。
至らない私、なんてね。

 

まっ、元気になったからいいや、と思いつつ、今度から寝袋に包んでやる、なんて突拍子もないことまで考えたりして。
いい手段がないか教えてほしいところです。

 

母曰く、布団が軽いからダメなんだ、とか。
要するに羽毛布団はダメってことですね。
昔の重たい布団にしなさい、なんて言ってます。

 

はいはい、とは言ってみたものの、私は軽い布団がいいのでそれは却下。

 

人生長いんだから、一度くらい入院するさ、ってな感じで開き直っていいんですよね。
とりあえず、退院が待ち遠しいですね。